透明・白い・見えないデーモンシステム『デーモンクリアー』新登場

デーモンクリアー

上の前歯6本に装着された透明な「デーモンクリア」。それ以外の歯列にはオール金属の「デーモンQ」(当院未導入)が装着されています。

見えないデーモンシステム『デーモンクリア』

2010年8月、アメリカで先行発売されていた透明タイプのデーモンシステムブラケット「デーモンクリア」がいよいよ日本でも導入となりました。「デーモンクリア」はデーモンシステムの第6世代(出典:wikipedia)にあたり、数多くの要望を受けて開発された「オールクリア」の透明装置です。
デーモンクリアはこれまでのデーモンシリーズの審美性を高めるため、上前歯6本分のみ準備されています。

永田矯正歯科でも2010年8月中旬より採用しています。ご希望がございましたらお気軽にお知らせ下さい。

デーモンクリア,デーモン3,クリッピーC

デーモン3、クリッピーCと比較した優位性

今回登場した『デーモンクリア』の優れた点はなんといってもオール透明セラミックスでできている事でしょう。
「4.デーモンvsクリッピー」のページでも紹介した通り、これまでの「デーモン3」と「クリッピーC」二者の比較では、見た目においてクリッピーCに圧倒的に軍配があがり、実際永田矯正歯科でも多くの場合クリッピーCを使用し、デーモン3は見えにくい下歯列や、デーモンの特徴的機能が必要とな場合のみ使用してきました。
クリッピーCは目立たないとはいえ、シャッター部分が金属でした。『デーモンクリア』はシャッターも含めすべて透明ですので、3つのセルフライゲーションシステムの中では最も目立ちません。
また、デーモン3では、まれにシャッター部分が硬くなってしまうことがあり、それが装置の破損に繋がる事がありました。『デーモンクリア』はこの点においても改善されているようです。

デーモンクリアでの矯正治療例

永田矯正歯科でも『デーモンクリア』を2010年8月中旬より導入し、早速患者さんにも採用しています。まだ始まったばかりですが、写真とともに治療例をご紹介します。前歯6本はデーモンクリア、それ以降の歯は症例に合わせてデーモン3とクリッピーCを使い分けています。デーモン3を用いるか、クリッピーCを用いるかは、歯列の状態、患者さんの年齢、トルクの掛かり具合などを総合的に判断し、決定しています。
(2010年9月初旬更新)


デーモンクリア装置装着開始の治療写真一覧

  • 年齢:15才
  • 性別:女性
正面
正面
右横
右横

乱ぐい症例で、初めてデーモンクリアを装着した時の写真です。前歯6本のデーモンクリアより後ろはクリッピーCを装着しています。

  • 年齢:14才
  • 性別:女性
正面
正面
右横
右横

出っ歯の症例です。上の4番目の歯を抜歯しています。抜歯より前はデーモンクリア、後ろはデーモン3を装着しています。

  • 年齢:13才
  • 性別:女性
正面
正面
右横
右横

上の歯が下の歯を隠してしまっている「過蓋咬合」の例です。お子さんの場合、デーモンクリアの奥はサイズの小さいデーモン3を併用することが多くなります。

  • 年齢:55才
  • 性別:女性
正面
正面
右横
右横

前歯がかみ合わない「開咬」症例です。大人の方は歯も大きいので、サイズの大きいクリッピーCとの組み合わせもOKな方が増えます。

今後の治療経過・デーモンクリア情報は順次お伝えします

デーモンクリアのほとんどの機能や特徴はデーモン3と大差ないと考えられますが、実際に使用しながら気付いた点、利点、デメリット、治療例で紹介した症例の経過などを今後もこのページや医院ブログなどで積極的にお伝えしたいと考えています。
『デーモンクリア』についてご質問などありましたらお気軽に「オンライン相談」よりお問合せ下さい。

まったく目立つことないデーモンクリア

このページのトップへ