さらに満足できる治療結果を目指して

患者さんの矯正中の生活の向上と、予知性の高い治療を目指して、研究を重ねながら様々な方法に対応しています。

クリッピーC+ホワイトワイヤーの組み合わせで、より一層目立たない。

ホワイトワイヤーと通常ワイヤーの比較写真

クリッピーCの歯列に、同じ太さのホワイトワイヤー(上)と通常メタルワイヤー(下)を通して比較したもの

デーモンシステムが生み出した「ローフォース・ローフリクション」の性能に審美性を高めて開発されたクリッピーCは、目立たずにできるセルフライゲーション矯正ということで、当院でもクリッピーCを使用する患者さんが現在では大半です。

このクリッピーCに「ホワイトワイヤー」という、通常の銀色のメタルワイヤーではなくツヤ消し加工がされているワイヤーを組み合わせて治療すると、ブラケット、ワイヤーともに全ての金属が光を吸収するのでギラギラと目立つことが無く、最も目立たずに治療を行うことができます。

ただし難点はホワイトワイヤーは展開サイズが少ないため、治療時期に合わせてワイヤーサイズを交換する歯科矯正治療の全期間を通して使えるわけはありません。使用ができる場合には優先的にホワイトイヤーを使用します。もちろん追加費用は掛かりません。

矯正用インプラントを併用して、さらに望ましい治療結果を実現します

ヘッドギアと矯正用インプラント

今までならヘッドギア(左写真)を使わなければならなかった例も、インプラント(右写真/白丸部分)を埋め込み、それにゴムを引っ掛けて引っ張ることで不要となり、患者さんの負担が大幅に減少しました。
※インプラントを埋める位置は、症例により異なります。

前歯全体を奥に引っ込めたい場合、通常はブラケットのみで再奥歯を支点として後方に引っ張ったり、「ヘッドギア」と呼ばれる装置を自宅で用いて、全体を後ろに下げます。
しかし、ブラケットで下げる場合は、奥歯を支点にと言ってもどうしてもその奥歯自体が前方に動いてしまいます。また、ヘッドギアは自宅で用いる装置の為、上手く使用できなかったり、何より患者さんにとって不便な生活を強いることになります。

永田矯正歯科では、理想的な歯列により近づける為に、こういった場合に「矯正用インプラント」の使用を勧めています。インプラントは顎の骨に小さなチタンネジを埋め込み、それを支点として動かしたい歯をひっぱり、整えていきます。この方法なら、他の歯に影響を与える事も無く、また患者さんへの負担も最小限に済み、楽して綺麗に、より確実に、そして早く治せます。

治療を早める、コルチコトミーとの併用もできます。

矯正で歯が動く仕組みとは、『歯に力を加える』→『歯が動く』→『動いて隙間ができた歯槽骨が再生し歯の位置が安定する』の繰り返しで徐々に動いていくのですが、コルチコトミーという歯を支える骨にヒビを加える治療を行う事で、歯槽骨の再生を促し、歯の移動を早め、結果として治療期間を半分〜3分の1に短縮する事ができます。
(詳しくは永田矯正歯科オフィシャルサイト「コルチコトミー(別のウィンドウが開きます)」をご覧下さい)

永田矯正歯科では、加齢や体質・歯周病等により歯槽骨が弱くそのままでは矯正治療を始めるのに不安を抱える方に、コルチコトミーをお勧めしています。
簡単な手術を必要とする治療ですので、十分なインフォームドコンセントが必要です。
興味のある方は、お問い合わせ下さい。

次のページでは多くの方がお悩みの、
矯正歯科医院の選び方についてアドバイスします。

矯正医院の選び方