セルフライゲーションとは?痛みが少なく、早く動く。新しいブラケットが快適な矯正ライフを実現します

Dr. Dwight Damon

Dr. Dwight Damon

矯正の歴史を変えるブラケットの誕生

1990年代半ば、アメリカのデュイット・デーモン博士が新しい仕組みによる矯正装置を開発しました。のちにアメリカで一大ブームを起こす「デーモンシステム」です。この矯正装置の仕組みは「ローフォース・ローフリクション」と呼ばれ、それまでにはない画期的な歯の動きを実現するものでした。
そしてこのローフォース・ローフリクション・テクニックを用いた矯正方法のことを「セルフライゲーション矯正」と呼びます。

ブラケット

歯の表面に接着する
このコマのような器具を
ブラケットと呼びます

ローフォース・ローフリクションとは

ローフォース・ローフリクション(Low-force, Low-friction)とは「少ない力・少ない摩擦」という意味で、「ブラケットをしっかり歯に固定し、強く引っ張って歯を動かす」というそれまでの歯科矯正の常識だった概念を根底から覆した、画期的な仕組みです。
これにより既存装置に比べ、痛みが軽減される、歯が動くのが速い、などのメリットが挙げられます。


デーモンシステムを
装着した歯列模型

セルフライゲーションブラケットとは

ローフォース・ローフリクション・テクニックを実現する矯正装置が「セルフライゲーションブラケット」です。歯にブラケットを一つずつ取り付け、それにワイヤーを通すという構造や見た目は従来の装置と大差ないのですが、その留め方や力のかかり具合にに大きな違いがあります。
セルフライゲーション(self-ligation)とは「自ら結紮(※)する」という意味で、それまで矯正装置に不可欠だったワイヤーと歯を固定する結紮リングやゴムを使用しないことを示しています。

セルフライゲーションブラケットは現在、デーモン博士の開発したオームコ社製「デーモンシステム」のほか日本のトミー株式会社製「クリッピー」などが代表的です。

けっさつ

結紮(けっさつ)とは

主に医療用語で「結ぶ」「縛る」という意味です。矯正歯科においては、ワイヤーを固定するためにゴムやリングなどをブラケットに留めることを指します。セルフライゲーションブラケットではこの結紮が必要ありません。

永田矯正歯科での採用率

当院では新しく治療を始める患者さんの約8割がこのセルフライゲーションブラケットを用いての治療となっております。当院での採用歴が長く有効な矯正法を確立していること、また透明ブラケットよりも安価で高機能および審美性を手に入れられるということでご満足いただいております。

次に、これまでの装置とセルフライゲーション装置の
構造を比べ、そのメリットを紹介します。

装置の構造とメリット